<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クマノーツ

ディスカバリーから送られてきた
b0046189_12483338.jpg

ノートが当たりました
しかもクマですよ、わかっておるな

映画のチケットにサングラス、それにクマノートも当たって
どうやら今週はついていたようです
一日2~3個、インターネットでやってるような懸賞に応募する程度なのですが
当たるときは当たるものですね

クマノートももちろん素敵ですが何か大きい物あたらないかなぁ
当たってもない宝くじ3億円の使い道を考える人間らしさに溢れています
[PR]
by muber | 2004-10-29 19:47

コーヒー

月曜日、今日はコーヒーを飲んでみよう
濃いお茶系は胃によくないということでコーヒー飲んでなかったのです


折角だから父の友達がやっている喫茶店に行ってみました
なんと奇遇なことにその人も胃の手術をして三分の二をとったそうな
一緒に食事したことあるけどファミレスに行ってまでコーヒーを頼んだあと
モリモリ食べていたのを思い出しました
やっぱり治るもんなんだなぁ・・・と実感

「やはりコーヒーはしばらく飲めなかったんですかね?」と聞いたら
「え、コーヒーはアルカリだからすぐ大丈夫だよ」というお答えを頂きました
アルカリは大丈夫説なんて初めて聞きましたが実際に飲んでたらしい
病は気からなんでしょうか、それともそういうものなのかな?


帰りは「伝馬町処刑場跡」というところに寄ってみました
こじんまりとしていますが存在感あり
b0046189_14284210.jpg

目の前にある公園には現代の企業戦士達がたくさんベンチに座っていました
場所柄ながらクビを斬られてたまるかってところでしょうか

あまり不謹慎なのも怖いので手を合わせて帰宅
今日は少し暖かい日でしたが今週も寒くなるそうです、暖房の季節。。
[PR]
by muber | 2004-10-25 18:10

勝負は時の運で決まることもあるという例

昨夜のバイト中に何気なく歩いてたら、パキッって音がしました
右足を下ろした瞬間だったのですばやく左足に体重移動して
完全に踏み潰すのを回避

そして確認すると、そこには瀕死のゴキブリがいました
きっとやつは人の心の死角をつき決死の移動を試みたツワモノ
今まで数々の死線をくぐり抜けて夏を過ぎてなお頑張っていたのでしょう

たぶん「ホイホイやスプレー程度じゃ俺は殺れない」ぐらい言うヤツだったはず
そんなツワモノが適当に歩いていたマイライトフットの運にやられてしまう
そういう不遇なことも多々ありますね
哀悼のテンカウントゴングも響かせられなくてゴキ様すみません



うちのバラも一輪だけで頑張ってます
b0046189_1733266.jpg

[PR]
by muber | 2004-10-23 17:06

寒風

台風去ってまた台風
今年はクマと台風の大量出現ですかね

http://www2.pref.shimane.jp/police/seikatsu/s-kikaku/kumadas/framepage2.htm
クマ出没MAPのクマデスもできたようです
クマデスというよりクマdeathな状況ですが島根の方は是非


今日は傘をさしても濡れるレベルの雨
風向きによって傘を前のほうにだしたりやや後ろに構えたりして
頑張ったのですがけっこう濡れて帰ってきました

大雨降ってるのをみるともったいないなぁって思いませんか
乾燥地域に行けば感謝されるだろうに台風もいまいち場を読めてないです
[PR]
by muber | 2004-10-20 19:42

日進月歩、年走

昨日で退院から一週間
やはり動いておかないと月曜からが不安なので散策です


下町っこらしく浅草付近にきてみました
外食はあきらかに残してしまうのですが、胃に優しいらしいのでうどんを少々

切った後の食事の話は「若いから大丈夫かな?」とかでアバウトにすませられました
後々に聞くと繊維質とか動物性の脂とかがよくないそうです
麺類もあまりよくなくてスパゲッティ>そば>ラーメン>うどんの順に悪いらしいですよ
うどん様もやるもんですね


鳥を扱ってるペットショップの前を通ったらこやつがいました
b0046189_10412034.jpg

知らない鳥ですがウズラ?じゃないですよね
なにやつなのだろう、とりあえず撮っておきました
故・特命リサーチ並に情報募集したいくらいです


明日から月曜、寒さに負けず活動開始
寒さに負けずっていっても勝つことはできないですよね。。
[PR]
by muber | 2004-10-17 18:33

blog bloger blogest

フツウのニッキを書いていたのですが
わざわざページ用意しておくより噂のブログにしたほうが楽
そんな誘惑にだまされて移してみました

ブログって名前がすごいですよね
ブログ、ブログ
なんか、こう・・・あれですね


かくしてブログへ移ったフツウのニッキは続くのであった



体調も予定以上に早く回復してるようでフツウにでかけられるので
三日に一回ぐらいなら書きそうな気配
[PR]
by muber | 2004-10-16 22:07

台風と共に帰りぬ

ようやく終わりました
なんだかんだでやっぱり長くなってしまうものですね
もう肌寒いなんていう段階を通り越して寒い

手術は平穏無事、術後の経過も良好で予定より早く退院
約2週間の入院生活でした
いる時はひたすら長く感じて、帰ってくると早かったな


初手術、胃を半分切除、起きたらチューブいっぱい
感覚が麻痺して何も思わなかったけれどやはり日常生活ではないですね


入院二日目、麻酔のすごさによって手術室へ入る前から記憶はなくなり
気がついたら部屋で寝てました

次の日の夜に吐き気のような気持ち悪さと傷の痛みで
衰弱するんじゃないかってほど長い夜をあじわったりしましたが
三日目にはだいぶ落ち着いてチューブも段々とぬけていきました

鼻のチューブが抜けた時は、久しぶりの爽やかな気分
顔を洗い、歯を磨き、真横にあったのにまったく見なかったTVの電源を
つけたりしてなんだか元気がでました
お見舞いの人ともしっかり話ができるようになり、いつも以上に
おしゃべりだと言われました、しゃべらないのも大変ですよね

1週間、飲み食いを一切しなかったので元気になってくると
食事に対する思いも少し強くなってきました
この時はなんでも食べられるような気がするんですよね
TVのチャンネルをまわす度にまたグルメ番組
こんなにやってたかなと驚いてました


一週間後に鼻、背中、両脇腹のチューブもぬけて食事が始まりました
トコトン煮たようなおかゆに脂のない魚と豆腐の煮たやつ、だったかな

久しぶりの食事、美味しい一口目
けど愕然としたのは少ない病院食の半分も食べられないことです
胸につまるような、胃からでていかないようなそんな気持ち悪さです
腹はそれなりに減っているし食事が不味いわけでもないのに


患者が胃ガンの階にいましてロビーでお話することもありました
さすがに同年代はいないようで60~75くらいが多かったです
海外旅行が趣味のおばあさん、手術不可能らしく抗ガン剤の投与で
入退院をくりかえすおじいさんなどなど、色々な話を聞けました
孫の年代みたいなものなのか、病院の間食で出るクッキーをもらって
間食を二倍食べて気持ち悪くなったりもしてました


食事がはじまって少し落ち込んで、腹の傷をみて少し驚いて
三日もたった頃に早期退院の許可がでました

家の食事は更に食べられない自分に気が付きます
残ったものがそのまま残るんですよね
夜に1個プリン食べて気持ち悪くなってる、そんなのありですかね

薄皮を貼るように回復していっても完全に治りきるわけじゃないそうで
じゃあ切る前にもっと早食いの大食いで食べておけばよかったのか
少しはそういう思いもありましたけど、なんだか違います

近いうちに半人前でいいからカレーを食べよう
そういう感じです

あと、いまオータムジャンボ買ったら神様が少しくらいサービスして
くれるかなって向かったら近所は軒並み売り切れてました
そういう感じです


そして、少し休んでまた頑張ります
以上、長くて読みにくいですが初手術レポートでした。。
[PR]
by muber | 2004-10-11 21:46